×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

連帯保証人紹介業者を紹介するページです。もし身の回りに保証人がいないようでしたら、国内保証人援助会が連帯保証人を紹介します。

キャッシングローン消費者金融お手軽比較
キャッシングTOP > キャッシング豆知識 > 連帯保証人紹介斡旋

連帯保証人が必要な時は (連帯保証人紹介斡旋会社)


賃貸保証人就職保証人融資保証人入院保証人・各種契約時の保証人など、様々な場面で連帯保証人が必要となってきます。保証人捜しは大変です。たいていのキャッシングでは、保証人は必要ではありませんが保証人をつければ、融資の審査が通りやすくなる可能があります。

国内保証援助会都会で1人暮らしの方、就職や入居、融資で連帯保証人を必要としているお客様に確実、スピーディ、しかも信頼できる保証人をご提供致します。国内保証援助会 は、他の保証人斡旋組織とは違い、登録会員制にて運営されております。これによりお客様をデータベースで管理でき、スピーディな保証人のご紹介が可能です。保証料に関しましても、他社と比較して格段に安い保証料で運営しております。

 

「連帯保証人をご紹介します!!」  国内保証援助会

 



【保証内容】 〜国内保証援助会 様ホームページより引用〜

株式会社ゆき 国内保証援助会が提供するサービスは以下の通りです。


1)
賃貸保証サービス
宅建協会加盟の管理・仲介業者及び家主と交わす賃貸物件の賃貸借契約において必要な連帯保証人を斡旋致します。

2)
就職身元保証サービス
企業との雇用契約における身元保証人を斡旋致します。

3)
融資保証サービス
車の購入の際に必要なクレジット契約や奨学金などの長期借入契約、又は金融機関(公的機関、銀行、ノンバンク)より融資を受ける際の金銭消費貸借契約に必要な保証人を斡旋致します。本サービスの斡旋は1日に1人迄とし、個人情報の保護の問題上、紹介は4人迄とします。本サービスの利用の際は、利用者の個人情報を第三者(保証人バンク会員様)に開示することを承諾しているものとみなします。会員登録料の他に保証料として、融資額の5〜20%(保証引受人様との交渉枠)必要になる場合がございます。(金銭契約後完済する迄、弊社が管理いたします。)

4)
その他の保証
その他、上記のサービスに該当しない保証についても、連帯保証人が必要なケースはその都度ご相談を受け付けます。代理店契約やフランチャイズ契約など、事業者対個人契約だけでなく、事業者同士が契約を交わす際にもご利用いただけます。国内保証援助会の提供するサービスについては、会員制にて運営されており、利用者は本登録をすることによって、国内保証援助会の会員になっていただくことができます。また、会員になったことで、その他に会費等が発生することは一切ありません。しかし、融資保証、賃貸保証、就職身元保証サービスのような継続的な保証を必要とするサービスに関しては、保証を履行している期間について、1年毎に会員の更新をしていただきます。会員の権限範囲は、各サービスに存在するものである為、他のサービスの併用はできても乗り換えができませんので、ご了承下さい。

上記全てのサービスは、国内保証援助会が、他人様の保証を引き受けることに承
諾している心温かい方を全国に確保しており(保証人BANK)、その方々から本サービスの利用者のお住まいや年齢に近い方をご紹介することにより成り立つシステムです。 但し、やむを得ず利用者のお住まいや年齢又は保証人条件にそぐわない場合もございます。保証人の個人情報の提供後、契約の締結に必要な材料である保証人の印鑑証明書や住民票、所得証明書等もご用意致します。但し、これらの契約の締結に必要な材料をご用意又はご提供した後でのキャンセルは、保証人のプライバシーの侵害にあたる可能性も考えられ、本利用規約9条の1項の、保証人情報を第三者に開示、貸与又は譲渡する行為に該当するとみなされ、損害賠償が発生する場合がありますので、ご注意下さい。

 

スポンサード リンク

その他保証人紹介会社様リンク

連帯保証人紹介から借金、調査、起業相談のワイズグループ
ワイズグループの金融保証タイプでは、借金の一本化、ローンのおまとめ等の融資、金融借入時の保証人、連帯保証人を紹介いたします。 > 成功報酬制にて運営しておりますので、なんなりとお気軽にご相談ください。

保証人.com
保証人.comでは全国のお客様を対象に、融資保証人・賃貸保証人・身元保証人・就職保証人・入院保証人などニーズに合った保証人引受人をご紹介する保証人会社です。保証人紹介・連帯保証人紹介は、保証人,comへ。

保証人  
賃貸入居等で保証人が必要な方は当社にお申し付け下さい。業界最安値でご紹介しております。

保証人協会
保証人・連帯保証人のことは何でも当社にお任せ下さい!!

保証人の見つけ方
連帯保証人を見つけるためにはどうすればよいのか?

保証人・知識
保証人に関する様々な知識の解説・啓蒙ページ

保証人
融資と保証人の関係を解説している

保証人.NET
保証人に関する悩み相談のページ

保証人.LANK
保証人紹介が社のランキング集

保証人.NET
保証人についての理解を促すページ

保証人紹介
保証人に関する知識のプロ集団によって、適確なアドバイスをご奉仕!

保証人紹介センター
他社で失敗された方、保証人を紹介をされずに困っている方、当社にて迅速にご紹介致しますのでご安心ください。

保証人サイト
保証人ペイドボランティアのご案内

民法による保証人の責任(民法446条以降) 

第四款 保証債務
第一目 総則

(保証人の責任等)
第四百四十六条  保証人は、主たる債務者がその債務を履行しないときに、その履行をする責任を負う。
 保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない。
 保証契約がその内容を記録した電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)によってされたときは、その保証契約は、書面によってされたものとみなして、前項の規定を適用する。

(保証債務の範囲)
第四百四十七条  保証債務は、主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償その他その債務に従たるすべてのものを包含する。
 保証人は、その保証債務についてのみ、違約金又は損害賠償の額を約定することができる。

(保証人の負担が主たる債務より重い場合)
第四百四十八条  保証人の負担が債務の目的又は態様において主たる債務より重いときは、これを主たる債務の限度に減縮する。

(取り消すことができる債務の保証)
第四百四十九条  行為能力の制限によって取り消すことができる債務を保証した者は、保証契約の時においてその取消しの原因を知っていたときは、主たる債務の不履行の場合又はその債務の取消しの場合においてこれと同一の目的を有する独立の債務を負担したものと推定する。

(保証人の要件)
第四百五十条  債務者が保証人を立てる義務を負う場合には、その保証人は、次に掲げる要件を具備する者でなければならない。
 行為能力者であること。
 弁済をする資力を有すること。
 保証人が前項第二号に掲げる要件を欠くに至ったときは、債権者は、同項各号に掲げる要件を具備する者をもってこれに代えることを請求することができる。
 前二項の規定は、債権者が保証人を指名した場合には、適用しない。

(他の担保の供与)
第四百五十一条  債務者は、前条第一項各号に掲げる要件を具備する保証人を立てることができないときは、他の担保を供してこれに代えることができる。

(催告の抗弁)
第四百五十二条  債権者が保証人に債務の履行を請求したときは、保証人は、まず主たる債務者に催告をすべき旨を請求することができる。ただし、主たる債務者が破産手続開始の決定を受けたとき、又はその行方が知れないときは、この限りでない。

(検索の抗弁)
第四百五十三条  債権者が前条の規定に従い主たる債務者に催告をした後であっても、保証人が主たる債務者に弁済をする資力があり、かつ、執行が容易であることを証明したときは、債権者は、まず主たる債務者の財産について執行をしなければならない。

(連帯保証の場合の特則)
第四百五十四条  保証人は、主たる債務者と連帯して債務を負担したときは、前二条の権利を有しない。

(催告の抗弁及び検索の抗弁の効果)
第四百五十五条  第四百五十二条又は第四百五十三条の規定により保証人の請求又は証明があったにもかかわらず、債権者が催告又は執行をすることを怠ったために主たる債務者から全部の弁済を得られなかったときは、保証人は、債権者が直ちに催告又は執行をすれば弁済を得ることができた限度において、その義務を免れる。

(数人の保証人がある場合)
第四百五十六条  数人の保証人がある場合には、それらの保証人が各別の行為により債務を負担したときであっても、第四百二十七条の規定を適用する。

(主たる債務者について生じた事由の効力)
第四百五十七条  主たる債務者に対する履行の請求その他の事由による時効の中断は、保証人に対しても、その効力を生ずる。
 保証人は、主たる債務者の債権による相殺をもって債権者に対抗することができる。

(連帯保証人について生じた事由の効力)
第四百五十八条  第四百三十四条から第四百四十条までの規定は、主たる債務者が保証人と連帯して債務を負担する場合について準用する。

(委託を受けた保証人の求償権)
第四百五十九条  保証人が主たる債務者の委託を受けて保証をした場合において、過失なく債権者に弁済をすべき旨の裁判の言渡しを受け、又は主たる債務者に代わって弁済をし、その他自己の財産をもって債務を消滅させるべき行為をしたときは、その保証人は、主たる債務者に対して求償権を有する。
 第四百四十二条第二項の規定は、前項の場合について準用する。

(委託を受けた保証人の事前の求償権)
第四百六十条  保証人は、主たる債務者の委託を受けて保証をした場合において、次に掲げるときは、主たる債務者に対して、あらかじめ、求償権を行使することができる。
 主たる債務者が破産手続開始の決定を受け、かつ、債権者がその破産財団の配当に加入しないとき。
 債務が弁済期にあるとき。ただし、保証契約の後に債権者が主たる債務者に許与した期限は、保証人に対抗することができない。
 債務の弁済期が不確定で、かつ、その最長期をも確定することができない場合において、保証契約の後十年を経過したとき。

(主たる債務者が保証人に対して償還をする場合)
第四百六十一条  前二条の規定により主たる債務者が保証人に対して償還をする場合において、債権者が全部の弁済を受けない間は、主たる債務者は、保証人に担保を供させ、又は保証人に対して自己に免責を得させることを請求することができる。
 前項に規定する場合において、主たる債務者は、供託をし、担保を供し、又は保証人に免責を得させて、その償還の義務を免れることができる。

(委託を受けない保証人の求償権)
第四百六十二条  主たる債務者の委託を受けないで保証をした者が弁済をし、その他自己の財産をもって主たる債務者にその債務を免れさせたときは、主たる債務者は、その当時利益を受けた限度において償還をしなければならない。
 主たる債務者の意思に反して保証をした者は、主たる債務者が現に利益を受けている限度においてのみ求償権を有する。この場合において、主たる債務者が求償の日以前に相殺の原因を有していたことを主張するときは、保証人は、債権者に対し、その相殺によって消滅すべきであった債務の履行を請求することができる。

(通知を怠った保証人の求償の制限)
第四百六十三条  第四百四十三条の規定は、保証人について準用する。
 保証人が主たる債務者の委託を受けて保証をした場合において、善意で弁済をし、その他自己の財産をもって債務を消滅させるべき行為をしたときは、第四百四十三条の規定は、主たる債務者についても準用する。

(連帯債務又は不可分債務の保証人の求償権)
第四百六十四条  連帯債務者又は不可分債務者の一人のために保証をした者は、他の債務者に対し、その負担部分のみについて求償権を有する。

(共同保証人間の求償権)
第四百六十五条  第四百四十二条から第四百四十四条までの規定は、数人の保証人がある場合において、そのうちの一人の保証人が、主たる債務が不可分であるため又は各保証人が全額を弁済すべき旨の特約があるため、その全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する。
 第四百六十二条の規定は、前項に規定する場合を除き、互いに連帯しない保証人の一人が全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときについて準用する。

 

 

 

 

キャッシングTOP

お勧めのキャッシング



目的別 キャッシング

審査の早いキャッシング

即日キャッシング

低金利キャッシング

利息制限法遵守

短期間無利息

大口融資

TVCMでおなじみ

有名タレントでおなじみ


対象者別 ローン

学生ローン

レディースローン

事業者ローン


業態別キャッシング

銀行系キャッシング

IT系カードローン


キャッシング豆知識

キャッシング用語集

キャッシングFAQ

関連の法律

 →出資法

 →利息制限法

 →貸金業の規制法

返済に困ったら

 →特定調停法

連帯保証人紹介斡旋


リンク集

関連団体リンク集

自動相互リンク集(募集中)

相互リンク集

 1 2 3 4    
 9 10 11 12 13 14 15 16
 17 18 19 20 21 22 23
 24 25

リンクについて

Copyright© 2005-2006
キャシング・ローンお手軽比較ガイド
All Rights Reserved.

Powered by sozai.wdcro

お問い合わせ
免責事項